Top
下がらない!アルカリフォスファターゼ
今日は はなの再検査の日です。2週間前の8/10 まさかの上昇値だったアルカリフォスファターゼ(以下ALP)ですが今回はどうでしょうか・・・・。

何となくそうかもとは思っていましたが下がっていませんでした。
しかも前回の2675 IU/lを上回る3453IU/l・・・・。こんなに高くて大丈夫なんでしょうか。
先生によくきいてみたけどすぐにどうということ(危ないとか手術とか入院とか)はないようで 「胆泥症であることは エコーで見て間違いないが そのほかホルモンの方などもっと詳し検査をして見ましょう」という事に。薬は効かなかったんだ・・・・。

その他の数値には異常はなくALP値だけ高いのだけれどネットで何度調べてもやはりALP値が高いだけでははっきりとした病名は分からない事が多いそうだ・・・・。(胆のうや肝臓の病気の可能性は高い)

ネットで調べていると「胆泥症でALP値が高くても犬が元気があるようだったり症状が出ていなければ何も処置しない事もある」という記述もあったりして驚かされた。そんなんでいいんか?!

確かに初めに吐いたから病院に連れて行ったけど もし はなに症状がずっと出なければ病院には連れて行かなかっただろう・・・・今数値が高くても元気で食欲もあってうんちも正常なはなを見ると初めに症状が出てくれて本当に良かったと思う。きっと元気なままだったら特別な検査などしていなかっただろうから・・・。
ちなみに食事や太り気味などが原因ではないそうです。
食事制限や減量が必要かと思ったけどそれは必要ないとのこと。(おいおい健康のためにもう少しやせましょうか〜とは言われましたけど^^;)
はなは食べる事が大好きなのでその辺がストレス過多にならないのは嬉しい。

e0088102_2230492.jpg

またお薬が変わりました。
今までの肝臓のお薬(利胆剤)とプロヘパゾンというお薬。ちょっと調べたらサプリ的な感じ?肝臓の機能回復に効果があるようですが普通にネットでも買えるお薬でした。
こんなに薬ばかりいいのだろうかと思うけど治るためには はなにはガマンしてもらわないと・・・ごめんね 頑張ろうね。
e0088102_230497.jpg

知ってか?知らずか?喜んでジャーキー隠れミノ薬を丸飲みな はな


今回は気になる事がもうひとつ。
実は2ヶ月くらい前にはなのおなかに2ミリくらいの赤いイボ(血豆みたいな?)を発見したのですが そのときはかかりつけ(町医者のほう)の先生に「大きくなったりしたらまた連れてきてください」と言われて様子を見ていたらいつの間にかイボはなくなっていました。
とりあえず気にはなったもののその後何も処置していませんでしたが・・・・

そのイボがまた首付近に2つ 手の付け根にひとつ できていました。
e0088102_2240587.jpg

ちょっとわかりにくいですが・・・・
これは今の病院でひとつができ始めの頃すぐ診てもらったのですがやはり「大きくなったらまた来てください」と経過観察・・・先週 首付近にもうひとつ、手の付け根にもひとつあるのを発見したので今日の再診察で診てもらうと(ちなみに前回とは病院は同じだけど違う先生)
「じゃあ ちょっと組織とって顕微鏡検査してみましょう」

e0088102_22441665.jpg

↑今日の先生が足首付近にあるのも発見してくれて首と足首の両方の検査をしました。
「水泡かと思ったんですが・・・・どうも良性の腫瘍組織かもしれないです」
水泡(水ぶくれ?)なら針を刺した時にはじけて縮んでしまうのにはなのイボ的なものは固形のままだったんです。(組織を取った今も固く膨らんでいます)

腫瘍!!ガンてことですか?!

・・・・詳しく調べるのはその病院でも限りがあるそうだけど 先生の所感ではこのイボは悪性の腫瘍ではないと思われるようです。詳しく調べないとわからないけどとりあえずは大丈夫そう・・・。こういうイボはワンコにはよくできるらしいです。(耳とかはじっこにできやすいらしい)
でももしイボを麻酔して手術でとるような事になったらALP値が高い今は手術はムリだそう。
(前のイボも自然に無くなったし 今のも小さくなってきてるから多分自然に無くなる・・・?)

ALP値が高いのとも関連があるかは不明(おそらく関係ない?)
その病院では木・金にはなの病気に関して(肝臓とかホルモンとか腫瘍とか)専門の先生が外部から診察にくるそうなので仕事は休んで朝からしっかり検査をしてもらう事にしました。


e0088102_22531095.jpg

でも はな すごく元気だよー!
by hanapome2004 | 2009-08-24 23:10 | 下がれ!ALP!! | Comments(16)
Commented by pomchack at 2009-08-25 16:14
うーーーん、なんでだろう(?_?)お薬もちゃんと飲んでいるのに。
薬が効かない理由はいったい何なんでしょうね?
主治医のお医者様が食事制限は不要っ言い切っているなら違うのでしょうが、もしかしたら隠れ蓑にしてるジャーキーが良くないのでは?と思いました。ポンが過去にかかったことのある何人かの獣医さんは口をそろえて「ジャーキーは後々肝臓を悪くする原因になるからなるべくあげないで」って言ってたんです。なので、ポンはこれまで数えられるくらいしか食べたことがありません。
ただ実際にはなちゃんを診ているお医者さんが、そこまではっきり減量や食事制限をしなくても大丈夫とおっしゃっているのなら、それが原因ではないんでしょうね。ただ、もしも私だったら、ジャーキーの代わりにプレーンヨーグルトにお薬を砕いて混ぜる方法をとるかな。余計なアドバイスだったらゴメンナサイ<(_ _)>
お薬を替えたことで、良い方向に行くことを心から願ってます。
Commented by hanapome2004 at 2009-08-25 23:04
ぽんちゃっくさん
ご心配おかけしています。アドバイスありがとうございます^^
薬の効果がないどころか上昇していて本当に胆泥だけの問題なんだろうか?と思いましたが先生もやはり他の疑いがあるということで精密検査することになりました。
ジャーキーが肝臓に悪い事はお恥ずかしながら知りませんでした!鶏肉をあげすぎるとアレルギーぽくなってかゆくなるのでその辺の問題だけかと思っていたんですが確かに合成保存料などが入ってますね。
初めは犬用のチーズに薬を埋めていたんですが 実は はな チーズ好きじゃないんです・・・なのでジャーキーを小さく切って挟んでいました。 今度の薬は砕いたりしてはだめで水溶性?なのですぐに水分を吸収して溶けやすいそうです。アドバイスいただいた通りプレーンヨーグルトも買ってみましたが薬が溶けやすいのでヨーグルトはNGかもです・・・・。ふかしたかぼちゃも食べたので明日はこれに忍ばせてみようかと思っています。
今回の薬はネットで調べると健康補助食品のような感じなので もしかしたら精密検査の結果で改めて症状に合う薬を始めようとしているのかな?と思いました・・・。
Commented by suzuchiki at 2009-08-26 01:02
ALP上がってしまったんですね…なぜなんでしょうね?
でも症状が出た時より、現在の方が値が高いのに元気、ということは、先日の症状はかならずしもALPのせいではなかったってことでしょうか。
友人で健康診断受けると必ずひっかかるのに、再検査すると問題なしでいたって健康って子がいます(人間です)。そんな風に、体質的に基準値を外れているってことはないのかなぁ…というのは希望的観測ですよね。。
ジャーキーは確かに、うちの獣医さんも食べさせない方がいいって言います。かぼちゃとかサツマイモとかその辺で食べてくれたら安心ですよね。あとバナナに埋め込みとかどうでしょう。
精密検査で原因や治療の方向が見えてきますように。
Commented by hanapome2004 at 2009-08-26 23:37
すずさん
ご心配おかけしています。ジャーキー食べ過ぎはいけないと思っていましたがそもそも問題があったとは知りませんでした 反省です・・・。
かぼちゃもさつま芋も普段あまり食べさせていないので様子をみながらあげていきたいと思います。
今日はササミとブロッコリーをゆでたものをあげたら ふたりとも喜んで食べていましたがブロッコリーってもしかしてよくなかったりしますか?(結構ブロッコリー食べています)

バナナやリンゴは はなは食べてくれないのでどうでしょう・・・・一度試してみますね。ありがとうございました^^
Commented by honey-pan at 2009-08-27 16:34 x
ささみ&ブロッコリーの盛り合わせは、わんこレストランのメニューにもあるので大丈夫ですよ~。犬にブロッコリー。体に良いものを召し上がってくれて、はなちゃん、おりこうさん♪B・Jは誰かさん似(・・って、私?笑)で偏食だから、ジャーキーはダメです・・ってお医者さんにもし言われたら、ストレスでそれこそ病気になっちゃいそうです。
そのはなちゃんのポチポチの件ですが、なんでもないと思います。
B・Jも同じものを発見して病院で診察していただいたの。病名、忘れちゃった。精密検査も必要なし。お耳の付け根のは水泡で、針でプチっとつぶしました。で、目の際にできたのが、はなちゃんのと同じもので、うちの場合はまぶたなので、「(飼い主が)気にされる方もいらっしゃるので手術という選択肢もありますが・・」と説明されて、結果うちはこのままでいいです、ということに。自然のままに委ねてます。(ネットで調べるとつい悪いほうに考えがちで病院へ行く前は泣きそうだったょ。)
胆泥症の件は、病院によってまちまちなのは、あまりお薬漬けに
するのはどうかな?という考えの先生もいらっしゃるのかしらね。
Commented by hanapome2004 at 2009-08-27 22:28
honey-panさん
ありがとうございます(泣)ご心配おかけしております。
もう自分に自信がなくなりすぎて何もかもだめだったんじゃないかって不安になっています。ブロッコリーはネットで「あげすぎるとダメ」というのをみつけたのでどうなんだろうって思ってました。あげたあとも特に問題なかったしワンコにブロッコリーは大丈夫なんですね よかった=3
B・Jちゃんもポチポチあったんですね!先生もワンコにはよくできますって言ってましたが見た事なかったので・・・。先生の雰囲気でもポチポチは心配なさそうでしたけど とりあえずは精密検査待ちです。
そう!ネットって便利ですけど不安になりますね。悪い方に考えすぎて眠れませんでした。
Commented by peepeetan at 2009-08-28 06:36 x
お薬飲んでるのにALP上がってくのはおかしいですよね。友達のワンちゃんは犬用の漢方薬で数値が通常に戻ってましたが、もしALPの数値だけを戻すんだったら犬用漢方薬もいいかもしれませんよ?でもALPのお薬でALPが上がってしまうのなら、他に原因がありそうですし難しいですね・・・。
ブロッコリーはあげすぎるとダメだけど、少量なら癌予防になると読んだことあります!
ワンちゃんによってはイボできやすい体質の子いるみたいですね。はなちゃんもできやすい体質なんでしょうか?友達のワンちゃんはイボできやすい体質ですが悪性ではないのでそのままでいいと言われたそうです。
こっちだとヤフーグループで獣医さんが5人ほどいてただで質問に答えてくれるグループがあるんですが、日本でもそういうのありますか?もしあるんだったら他の獣医さんの考えも聞いてみると参考になることがあるかもしれませんよ^^
Commented by suzuchiki at 2009-08-28 11:36
ブロッコリー、うちでもかなり食べさせてます。今回初めてこの件検索してみたら、ほんとあげすぎないようにって説がありますね。しかも、キャベツや小松菜も!驚きました。でも野菜全般、消化によくないから注意って書いてあるのもありましたし。多分、有名なNG食品(ネギ類、甲殻類、チョコetc..)以外については、ほどほどにあげるなら大丈夫なんじゃないかな、って勝手に思ってます。
本当に、ネットの情報って多すぎて見過ぎると混乱して何を信じていいのやら~~ってなりますよね。。
ジャーキーもオヤツとして時々与えるならそんなに悪いものじゃないんだと思いますょ。お薬の隠れミノに毎日あげなきゃならないなら、より安心なものの方がいいだろうなって思っただけで。
はなちゃんはリンゴやバナナ食べないんですね(驚)甘いからみんな好きなのかと思いこんでいました。
できものはこたろうも最近時々できます。胸のあたりとか瞼とかにポチっと。でも気をつけて観察してると、そのうちにかさぶたになって取れたり、自然に消えたりしてます。はなちゃんのも何でもないと良いですね。
Commented by hanapome2004 at 2009-08-28 21:55
peepeetan さん
ご心配おかけしています。
薬はALPを下げるものではなくて胆泥を動かす作用があるといっていました。胆泥もまだ変化なくALP値も上がっているので他の疾患かもしれません。精密検査ではっきりするといいのですが・・・。他の病院、特にもともと行っていた病院の先生には相談してみようかなと思ったりもしたのですが今の病院は先生がたくさんいて八王子にも分院があるので一カ所でいろんな話がきけるのも魅力です。前の病院は町医者的で検査もほとんど勧められた事がないです。すごくいい先生ですがお金がかかる事を無理には勧めない・・・・という感じです。(それがいいか悪いかは別として)
イボ ちょっと不安だったのですが大丈夫そうですね。実際はなのいぼもあのあとなくなったものもあります。
Commented by hanapome2004 at 2009-08-28 22:51
すずさん
ブロッコリー 意外ですよね!野菜だからあげても大丈夫かと思いましたが まあなんでも適量がいいという事ですね。あとはワンコによってお腹をこわしやすいとか大丈夫とかもありますしね きっと。
ジャーキーは時々じゃなくて毎日あげていたので 与えなくなってよかったと思います。今はゆでササミとかぼちゃやさつまいもをあげていますがはなやぷぅにとってもその方が嬉しいと思います^^
はなはリンゴもバナナも食べないんです〜。食べてくれたらバナナは簡単そうでいいですね!
イボ こたろうくんもできるんですね!初めて見つけたとき不安じゃなかったですか?はなのお腹に最初にできたイボも確かにいつのまにか消えてなくなってました。
Commented by toby at 2009-09-02 11:09 x
うちの子もALP3000以上あります。年齢は13歳、去勢ずみ。ALPが高いといわれてから1年ぐらいになりました。どんなお薬を飲んでいらっしゃいますか?
うちの子はこれまでほとんど病気はしたことがありませんでした。ところがこの1年あまりは血便、血尿、チック様症状(からだがぴくぴくする)、足腰の衰え、など等、すっかり動物病院の先生とお友達になってしまいました。年齢的なものもあるので無理な治療はしないということにしてはいますが、気になるところです。
うちの子の先生はALP値に関しては、他の検査値に異常がなければあまり気にする必要はないというスタンスでいます。ALPの検査の次の段階としてアイソザイムという検査をしましたが、A2という肝臓、腎臓系の値が高く出ました。今かかっている先生を信頼していないわけではないけど、大きな病院に行こうかどうか迷いました。しかし高齢犬なので検査のためのストレスが引き金になってこれ以上いろいろなことが重なるのも怖いし、ということで先生にはいろいろ疑問をぶつけることでよしとしてます。食欲もあるし、体重も減らないし、特に見かけ上の不健康さはまったくありません。何か新しい情報があったら教えてください。
Commented by hanapome2004 at 2009-09-02 23:29
tobyさん
初めまして!心配ですね。1年治療を続けられているのですか?お薬の長期服用はきっと色んな面で大変ですよね。
うちの場合はなんだか元気がなくなって でも食欲はあって・・・という感じであるとき珍しく吐いたので慌てて病院に連れて行ったらALPやその他もいくつか高い数値があり入院しました。
退院からは2週間おきに検査をしていますがALP値だけが下がりません。胆泥のせいのようなのですが念のため明日総合的に検査をすることになっています。

私も今までかかっていた先生が 必要がないと判断されることはできるだけしない先生だったので 今回駆け込み寺(いつものところが時間外で連絡がつかなかった)としてお世話になっている大きな病院はすぐ検査してくれるし 色んな先生がいるので良かったと思います。
tobyさんもきっとお悩みかと思いますが・・・治るまで一緒にがんばりましょう!
ちなみに今飲んでいるお薬は
・プレコート(ウルソデオキシコール酸錠・・・・利胆剤
・プロヘパゾン100(S-アデノシルメチオニン)・・・動物用健康補助食品です。胆泥があるためにこのお薬らしいのでALP値を下げるためのお薬というわけではないようです。
Commented by toby at 2009-09-14 14:18 x
私のところでもウルソを使いました。3ヶ月近く使ってみて検査をしましたが、ALP値は高いままでほとんど変わりませんでした。いまはウルソはのませていません。
最近の心配事はときどき血尿があることです。抗生物質を使うとすぐに潜血反応は陰性になるのですが、それがALPと関連があるのかどうかわかりませんが、原因は不明です。でも、食欲もあるし、日常の生活には直接の影響があるようにもみえません。原因を知るためにどこまでも医療技術を駆使して検査を重ねるか、その子の持っている生命力にかけるか、飼い主としては悩むところです。筋力も低下してきているし、どこをとっても高齢だからという感じです。検査漬けにして苦しい思いをさせずに、無理せず、対処療法的に薬を使って、最善ではないまでも次善の策的に元気に過ごさせるのもありかなあと思ったりもしています。最近はとみに家族に対する依存心が強くなってきて、人のそばにいることが多くなりました。生命の危機を感じることはないのですが、なんだかちょっと寂しい気持ちになります。
お薬の情報ありがとうございました。
Commented by hanapome2004 at 2009-09-14 20:17
tobyさん
お久しぶりです!食欲があったり日常変わりがないというのは本当に安心できますよね!でも血尿は心配ですね・・・・ALPとの関連を含めてやっぱり原因はわからないんですね。
うちでは同じ薬は続けながらさつまいもやカボチャなどの食物繊維やゆでささみを毎日食べさせています(ダイエットもするように言われています^^;) 食欲もあるしお散歩の時も元気いっぱいだし毎回びっくりするようないいウンチです。あと半月くらいしたらまた検査ですがきっと良くなっていると信じています。
うちのもtobyさんのワンちゃんも検査や薬が続けばきっと精神的にキツいと思うし なんといってもtobyさんと離れたりする事が一番辛い事だと思います。検査や入院も時には必要ですがtobyさんのおっしゃる通り今無理せずできる事をして 可能な限り一緒にいてあげるということでもよろしいのではないでしょうか。
うちの場合は「病気だから」という目線で見ているので こちらが過保護になってしまいかねないです^^; はなはあまり構いすぎると更に甘えるようになってワガママをいいがちなタイプなので気をつけています。tobyさんのワンちゃん どうぞお大事になさってくださいね。
Commented by ねこ at 2018-05-03 19:28 x
初めまして。
トイプードル10歳9ヶ月オスの先月採血にて
ALPが971、中性脂肪が375、総コレステロール324
と指摘されて、明日再検査で採血&エコー予定です。
GOT17 、GPT67でこちらは正常範囲内なので
ホルモン異常か、がんの可能性もあると言われて心配してます。
去年の今頃は、中性脂肪だけ高かったのですが・・
病気なく元気な子で、いまも食欲旺盛、肥満気味・・
明日の採血のために15時間絶食中です。

ALPだけ高いのが心配で
検索したらこちらのブログにたどり着きました。
はなちゃんお薬で治療されたんですね(゚∇^*)
ブログを拝見しつつ知識をつけて明日の再検査に備えます!

わかりやすく書いてくださって本当に感謝です♪
ありがとうございました♪
Commented by hanapome2004 at 2018-05-27 14:52
ねこ様
コメントのお返事が遅くなり申し訳ありません!
ここのところブログ更新をサボってインスタばかりになっております(汗

その後トイプーちゃんの結果はいかがでしたでしょうか。
うちはALP値は長年服用していても下がらず 高数値(3000とか)が
当たり前の状態になっています(^^;
でも特に症状はなく 原因もはっきりしないまま おそらく胆泥症
のせいなんだろうということで 病院が変わっても治療方法は変わらず
そのまま治療中です。
ここ数年は加齢による心臓病(僧帽弁が劣化して血液が逆流することがある)
と腎臓数値の悪化の治療も加わっております。

トイプーちゃんは肥満気味ということですが はなも肥満で
ALP値が高いのは太っていることも関係あるから やせさせなさいと
当時の先生に注意されていたのにやせられず、、、。
ここ2、3年冬に下痢嘔吐の症状がでたり食べムラが
あったりしてだいぶやせましたが 数値は下がらないので肥満は
関係なかったのでは?と思っています。

私の記事が少しでもお役に立てたのでしたら嬉しいです。
コメントありがとうございました。
<< タイトルいっしん☆彡 夏の終わりの心霊写真?! >>



メガポメはなとデカベビまめ ときどきメガプーぷぅ太郎の日常。   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31